lessons

home

location

about

contact

T E A N G L I S H (ティーングリッシュ)

英 会 話 教 室

東 京 都 足 立 区 青 井


students' voice

17歳でイギリス Sheffield College に語学留学。

高校卒業後 Sheffield Hallam University に ビジネスマネジメント&マーケティング学位に入学。

海外での生活を通して、英会話力が身についた人とそうでない人の違いや、国際社会での個人のアイデンティティの重要さに気づき、コミュニケーションの根本的な部分を追求した日常英会話の習得を、リアルな日本人の目線で大勢の人に広めたいという気持ちから2015年にTEANGLISH英会話教室を開講。


TEANGLISH英会話教室の名前の由来は、日本人の心を持つ事の大切さ、文化や社会的な地位、年齢が違っても、心の交流は平等であるという心を広めたいという気持ちから、日本文化の基礎構成とも言える茶道(茶の湯)の精神を持って国際交流をしてほしいという願いを持ち、Tea (茶) + English という名称に至った。

「あ り の ま ま」  i n  E n g l i s h  

自 分 の 花 を 咲 か せ て あ げ よ う !

英語が話せたら便利だし、楽しいですよね!


動機はたったこれだけでいいんです。そして、ゴールは外国人の様になることではなく、飾らない自分を

英語で表現出来る様になる事。そして、その道のりの中で伝えたい自分とは一体誰なのかを考える事、

人とつながり合うことが楽しいと思う気持ちに集中することが大切だと信じています。


私は、人をお花に例えてよく考えます。

どんなに素晴らしい花も、環境が合わなければ咲かないんです。無理に桜を砂漠の地には植えられません。

「やる気」は、自分の良さを成長させる為に不可欠ですよね。

自分の好きだなと思う事こそが、あなたの個性で、それを大切にしないと、あなたの花は咲きません。


ハーバード大學でリーダーシップの講師を務めるロナルドハイフェッツは、鏡を見るだけでは自分の本当の姿を理解できないと言いました。外の世界に身を置いて、初めて自分の特別さに気づく事が出来るようになり、自分の個性がどれだけ価値がある事なのかをわかる事ができます。


私は、以前大手化粧品会社に勤めた経験があり、日本人の美を世界に広めたいと思っていました。しかし、日本を代表するその会社の日本の美の定義が、西洋の顔付きに似せる事であるという事にがっかりし、のちに退社しました。そして、その概念を日本の社会に宣伝するメディアにも大きな憤りを感じました。


イギリスでバラが咲き誇る美しいイングリッシュガーデンに身を置いて、金髪碧眼の友人の横にいると、その美しさに憧れを抱いてしまう時もありました。しかし、黒髪の東洋人が真似っこをしても同じ様にはなれないんです。その美しさは、自然のままを大切にしているところから来るのだと気づきました。


日本に帰国し、社会にはたくさんのルールがある事を思い出し驚いてしまいました。組織で生きていく上で、個性を表現する事は自己主張の強い人というネガティブな印象を持たれてしまう事についても深く考えるようになりました。以前西洋と東洋の考え方の違いについて解いた本で、西洋では人生を一本の線として、東洋は丸として考える事を紹介しており、思わず「なるほど〜っ!」と大声が出てしまいました。つまり「自分は自分、他人は他人で、人生は常に変化し成長し続ける。」という考えと、「大勢の中の自分、一年というサイクルの中の今」という考え。


自立と調和が両方バランス良いのが理想的ですが、こういった国別の個性は文化背景が大きく関係しています。つまり、そういう自分たちを大切にしつつ、お互い違いを理解して尊重する事が、当たり前のようですが国際社会で生きていく鍵だという結論に至りました。


日本人の心、自分の個性を大切にし、英語で楽しくコミュニケーションを取れる人が増える事が、日本の国際化のあるべき形であるという強い気持ちと、私の体当たりで通った英語学習のでこぼこ道を、少しでもみなさんが

スムーズに楽しく進める様な手助けをさせていただきたいという思いで、TEANGLISHはつくられました。教室でみなさんの笑顔が見られる日を、こころから楽しみにしております。

メ ッ セ ー ジ

Website Building Application

l e s s o n s

h o m e

l o c a t i o n

a b o u t

c o n t a c t

T E A N G L I S H (ティーングリッシュ)

英 会 話 教 室

東 京 都 足 立 区 青 井

i n f o @ t e a n g l i s h . c o m  

サイトマップ

Est. 2015

© All right researved 2015

w w w. t e a n g l i s h. c o m